©Shun Ikezoe

   designed by Eri Saito

愛讃讃

Jujuba

Full Stream

現在vimeoにて『愛讃讃』を2週間限定で全編公開中です。みなさまぜひご覧ください。 

Now you can see "Jujuba" The full stream on vimeo and it's only available for two weeks. 

Please watch it!

  https://vimeo.com/287377496

Synopsis

 人は分かり合えないもの。そう感じる原点には中国人の元義母の存在があった。四川語と関西弁が飛び交い、母の一人称を「お姉ちゃん」と呼んでいた過去を期限切れの8mmカラーリバーサルフィルムで映し出す。

そのフィルムの使用期限はお姉ちゃんが出て行った年だった。

People can never really understand each other.

Thinking back, I feel this way because of my former mother-in-law. That time, when Kansai dialect and Sichuan Chinese flew back and forth around me and I called my mother Sis, is recreated on expired 8 millimeter film. The expiration date of the film used is the same year that she walked out on us.

Story

 27歳になる上野歩(うえのあゆむ)は望んでなかった地元への帰省で疲れていた。駅のホームでタバコを吸おうとした時、ポケットから出てきたのはナツメの実。艶のある朱いその実にはどことなく見覚えがあった。彼の2番目の母、四川省出身の任世榮(にんせいえい)が好んで食べていたのもナツメの実だった。当時、母と呼ぶのに抵抗があった歩に「お姉ちゃんと呼ぼう」と父が提案した。彼がその「お姉ちゃん」を思い出したとき、過去と現在は邂逅し、次第に夢かうつつか分からない世界へと没入していく。 

  

 《 人間の世界はジプシーや  人生は彷徨える旅のよう 》

 

「お姉ちゃん」が話していた言葉がリフレインするとき、それは歩の記憶なのか、それとも魂の片割れを探す男女の記憶なのか。

 

The tired man standing on the platform is 27-year-old Ayumu Ueno. Facing an unwelcome trip to his childhood home, he goes to light a cigarette. What he finds in his pocket, however, is a jujuba fruit. The shiny red skin brings back vague memories of his second mother, Rèn Shìróng. Born in the Sichuan province of China, jujuba fruits were her favorite snack.

At the time, he didn’t want to call her “Mom,” so at his father’s suggestion, she became “Sis.” As he thinks back on Sis, past and present meet, drawing us into a world neither dream nor reality.

 

“This world is a caravan. Life is a long and winding journey.”

 

Sis’s words echo as a refrain— but is this Ayumu’s memory, or is it the memory of a man and a woman searching for the other half of their soul?

Review

「人は足りない片割れを見つけることでお互いの魂が完全になる」。中国タオ哲学のような言葉を残して去った年若い中国人の継母。彼女と暮らした幼い頃の記憶が、おぼろげな8ミリの映像のように断片的に浮かんでは消える。国籍、言語、性別……。全て違っても人は解り合えるのか。「人生は彷徨える旅のよう」。彼女はアニマのように”僕”の心の中で囁く。

(イメージフォーラム・フェスティバル推薦文/映像作家:ヤジマチサト士)

 

親密、詩的で誠実に表現された物語が、魔法のように官能的に綴られている作品。

(IFF東アジア・エクスペリメンタル・コンペティション最終審査総評

 

この映画ではエキゾチックな果物(棗)が家族の混乱期の記憶を呼び起こします。 愛讃讃は幼年期の継母の奇妙な影響を記憶以上に詩的に表現したものです。色、質感、モンタージュの詩的な使用によって鮮やかになった記憶は、私達が互いに強い影響を及ぼし合うことを明らかにしています。

スペシャルメンション授与コメント

The stepmother of a young Chinese person went away, leaving behind words in keeping with Chinese Taoist philosophy: “When one person discovers another person’s flaws, the souls of both are perfected.” Early childhood memories of living with her emerge in fragments like blurry 8mm images. Nationality, language, gender – can people understand each other even if all of these are different? “Life is like a wandering journey,” she whispers like a spirit inside “my” mind.

Image Forum Festival 2018 / Y.S.

 

An intimate, poetic and honestly expressed story told in a magical and sensual way.

(IFF East Asian Experimental Competition the award films and jury comments

 

In this film an exotic fruit evokes memories of family in flux. Jujuba is a poetic rendition of what is more than a childhood memory : the strange influence of a stepmother. A memory made vivid by the poetic use of color, texture and montage which reveals the powerful ways we influence each other.

(Glasgow Short Film Festival Bill Douglas Award 3: Mom & Pop / Special Mention jury comment)

 

Eye For Film Review

https://www.eyeforfilm.co.uk/review/jujuba-2018-film-review-by-andrew-robertson

Screening

 

◉ 上映歴

 2019  ニューヨーク・ジャパン・シネフェスト2019 - 短編プログラム2 (アジア・ソサエティ/ニューヨーク)

      ニッポン・コネクション 短編作品部門(Naxoshalle Kino / ドイツ)

      第43回 香港国際映画祭  短編コンペティション部門 FIREBIRD AWARDS: Programme 1(Tai Kwun JC Cube, PREMIERE Elements / 香港)

      第12回 グラスゴーショートフィルムフェスティバル  インターナショナルコンペティション部門 Bill Douglas Award 3: Mom & Pop(GFT3 / イギリス)

      Spicefilms  !8 [番外編] ワンカートリッジ&『愛讃讃』上映(とびうお kitchen / 東京)

 

 2018   第40回ぴあフィルムフェスティバル(福岡、京都、東京)

     イメージフォーラム・フェスティバル2018  東アジア・エクスペリメンタル・コンペティション(愛知、神奈川、京都、東京)

     Spicefilms  !8 to !!16  [exclamation-8 to exclamation-16](ルーメン・ギャラリー / 京都、イメージフォーラム / 東京)

 

◉ 受賞歴

 イメージフォーラム・フェスティバル2018

 東アジア・エクスペリメンタル・コンペティション 優秀賞

 

◉ Past Screenings

 2019  New York Japan CineFest 2019 - Short Program 2 (Asia Society / NY)

      Nippon Connection - Short program(Naxoshalle Kino / Germany)

      The 43rd Hong Kong International Film Festival  Short Film Competition FIREBIRD AWARDS: Programme 1  (Tai Kwun JC Cube, PREMIERE Elements / HK)

      The 12th Glasgow Short Film Festival  International Competition Bill Douglas Award 3: Mom & Pop  (GFT 3 / UK)

      Spicefilms  [!8] one cartridge & JUJUBA (tobiuo kitchen / Tokyo)

 2018  40th Pia Film Festival  (Fukuoka, Kyoto, Tokyo)

      Image Forum Festival 2018  East Asia Experimental Competition  (Aichi, Kanagawa, Kyoto, Tokyo) 

      Spicefilms  !8 to !!16  [exclamation-8 to exclamation-16]  (Lumen Gallery / Kyoto, Image Forum / Tokyo)

 

◉ Awards

 Image Forum Festival 2018 East Asian Experimental Competition / Award for Excellence

CM / Staff

Single-8 FUJICHROME R25N/RT200N, 8.00min, color, sound, 2018

出演 / 上野伸弥・朱芸然

音楽 / Hakobune

​整音 / 松野泉

​デザイン / 星加陸

​プロデューサー / 斎藤英理

監督 / 池添俊

Cast / Shinya Ueno / Geizen Shu

Music / Hakobune

​Sound / Izumi Matsuno

​Design / Riku Hoshika

​Producer / Eri Saito

Director / Shun Ikezoe

池添 俊

Shun Ikezoe

 

1988年香川県生まれ大阪府育ち。インディーズ映画製作に従事し、フリーランスでデジタル映像を作る傍ら、個人で8mmフィルム映画を作成する。現在、デジタルとフィルムを横断する新たな映画表現を模索中。2018年「愛讃讃」がイメージフォーラムフェスティバル/東アジアエクスペリメンタルコンペティションにて優秀賞受賞、第40回ぴあフィルムフェスティバルノミネート。同作は、2019年グラスゴーショートフィルムフェスティバル/ビルダグラスアワードスペシャルメンション授与、第43回香港国際映画祭短編コンペティション部門で上映される。

Born in 1988 in Kagawa Prefecture, I was raised in Osaka, Japan.

I make a film with 8mm film in individuals while engaging in independent filmmaking, and doing work to make a digital videos as freelance. I am currently exploring new methods of movie expression that cross the boundaries between digital and film. "Jujuba" awarded the Award for Excellence at Image Forum Festival East Asisan Experimental Competition in 2018, got Special Mention at Glasgow Short Film Festival Bill Douglas Award in 2019.