©Shun Ikezoe

   designed by Eri Saito

 

Story

 27歳になる上野歩(うえのあゆむ)は望んでなかった地元への帰省で疲れていた。駅のホームでタバコを吸おうとした時、ポケットから出てきたのはナツメの実。艶のある朱いその実にはどことなく見覚えがあった。彼の2番目の母、四川省出身の任世榮(にんせいえい)が好んで食べていたのもナツメの実だった。当時、母と呼ぶのに抵抗があった歩に「お姉ちゃんと呼ぼう」と父が提案した。彼がその「お姉ちゃん」を思い出したとき、過去と現在は邂逅し、次第に夢かうつつか分からない世界へと没入していく。 

  

 《 人間の世界はジプシーや  人生は彷徨える旅のよう 》

 

「お姉ちゃん」が話していた言葉がリフレインするとき、それは歩の記憶なのか、それとも魂の片割れを探す男女の記憶なのか。

The tired man standing on the platform is 27-year-old Ayumu Ueno. Facing an unwelcome trip to his childhood home, he goes to light a cigarette. What he finds in his pocket, however, is a jujuba fruit. The shiny red skin brings back vague memories of his second mother, Rèn Shìróng. Born in the Sichuan province of China, jujuba fruits were her favorite snack.

At the time, he didn’t want to call her “Mom,” so at his father’s suggestion, she became “Sis.” As he thinks back on Sis, past and present meet, drawing us into a world neither dream nor reality.

 

“This world is a caravan. Life is a long and winding journey.”

 

Sis’s words echo as a refrain— but is this Ayumu’s memory, or is it the memory of a man and a woman searching for the other half of their soul?

 

Trailer

《 愛讃讃 》

《 Jujuba 》

Single-8 FUJICHROME R25N/RT200N, 8.00min, color, sound, 2018

出演 / 上野伸弥・朱芸然

音楽 / Hakobune

監督 / 池添俊

Cast / Shinya Ueno / Geizen Shu

Music / Hakobune

Director / Shun Ikezoe

 
 

News

8ミリ短編映画「愛讃讃」が「イメージフォーラム・フェスティバル2018 東アジアエクスペルメンタルコンペティション」にて優秀賞を受賞し、無事に全ての回の上映が終了いたしました。ご来場頂きましたみなさま、ありがとうございました。

また本作の「第40回PFFアワード2018」での上映も終了しています。国立映画アーカイブにて、音、映像ともに最高の状態で上映できたことを嬉しく思います。

今後は国内外での上映を増やして行きたいと思いますので、ぜひ楽しみにお待ちください。

▼イメージフォーラム・フェスティバル2018

「愛讃讃」はBプログラム

 8/6  (月)15:45~@シアター・イメージフォーラム (東京) 上映終了

 8/11(土)13:40~@スパイラルホール (東京) 上映終了

 8/25(土)16:15~@ルーメン・ギャラリー (京都) 上映終了

 9/16(日)14:00~@横浜美術館 (神奈川) 上映終了

 9/29(土)14:00~@愛知芸術文化センター(愛知) 上映終了

http://www.imageforumfestival.com/2018/archives/440

▼第40回ぴあフィルムフェスティバル

​「愛讃讃」はEプログラム 

 9/11(火)12:30~ 上映終了

 9/15(土)17:15~ 上映終了

国立映画アーカイブにて上映

https://pff.jp/40th/lineup/#e

32nd Image Forum Festival 

「Jujuba」is B program

6   Aug. 15:45~@Theater Image Forum (Tokyo) CLOSED

11   Aug. 13:40~@Spiral Hall (Tokyo) CLOSED

25 Aug. 16:15~@Lumen Gallery (Kyoto) CLOSED

16  Sep. 14:00~@Yokohama Museum of Art (Kanagawa) CLOSED

29 Sep. 14:00~@Aichi Arts Center (Aichi) CLOSED

http://www.imageforumfestival.com/2018/archives/1018

40th Pia Film Festival

​「Jujuba」is E program

11  Sep. 12:30~ CLOSED

15 Sep. 17:15~  CLOSED

@National Film Archive of Japan

https://pff.jp/40th/lineup/#e

Bio

 
  池添 俊

Shun Ikezoe

 

1988年香川県生まれ大阪育ち。

インディーズ映画製作に従事し、近年、CO2(シネアスト・オーガニゼーション・オオサカ)にてフィルムワークショップや自主映画発掘上映企画JISYUに携わる。デジタルとフィルムを横断する新たな映画表現を模索中。

Born in 1988 in Kagawa Prefecture, I was raised in Osaka.

After working on independent films, I have recently been involved in film workshops produced by CO2 (Cineist Organization Osaka) and the independent film development and screening project JISYU. I am currently exploring new methods of movie expression that cross the boundaries between digital and film.

「愛讃讃」上映歴

2018年3月24日-25日「!8 to !!16 [exclamation-8 to exclamation-16]」8ミリフィルム16ミリフィルム上映会(Lumen Gallery)

2018年1月27日-28日「!8 to !!16 [exclamation-8 to exclamation-16]」8ミリフィルム16ミリフィルム上映会(イメージフォーラム・シネマテーク)