Filmmaker / Director

Shun Ikezoe

Info

▼高知県須崎市で開催中の『現代地方譚8』に参加しています。

 

現代地方譚8  おちこちのひびき

会期:2021年1月23日(土)- 2月21日(日) 10:00~17:00  *月曜日休館

会場:すさきまちかどギャラリー(高知)

参加作家:池添俊, KOMAKUS, 松田唯, 工藤夏海, 佐々瞬, モンデンエミコ, 山根一晃 他

入場料:300円

詳細:http://airsusaki.machikado-gallery.com

​Works

thumbnail_IMG_7518.jpg
愛讃讃イメージ04_2.jpg
Filmmaker / Director
​  
池添 俊

Shun Ikezoe

 

1988年生まれ。フリーランスでデジタル映像を作る傍ら、個人で8mmフィルム映画を作成。メディアを横断する新たな映画表現を模索している。中国人の継母との生活を描いた初監督作『愛讃讃』(2018)が第12回グラスゴーショートフィルムフェスティバルでスペシャルメンションを授与、イメージフォーラムフェスティバル2018にて優秀賞受賞。同作は、第43回香港国際映画祭(2019)、ニッポン・コネクション(2019)など国内外の映画祭で上映されている。『朝の夢』(2020)が2作目の短編。

Shun Ikezoe was born in 1988. He is a freelance digital filmmaker while making 8mm films as an independent filmmaker. He looks for new cinematic expression across media. His first film Jujuba (2018), about his life with his Chinese stepmother, received Special Mention at the 12th Glasgow Short Film Festival and won the Excellence Award at Image Forum Festival 2018 East Asian Experimental Competition. The film has been screened at national and international film festivals, including the 43rd Hong Kong International Film Festival (2019) and Nippon Connection (2019). See you in my dreams (2020) is his second short film.

Contact

メッセージを送信しました!